国際シンポジウムのビデオ

国際シンポジウム「FUKUSHIMAレポート〜原発事故の本質〜」(2012年1月25日開催)の講演ビデオをアップロードしました。スライド資料を参照しながらご覧ください。

【当日のプログラム】

開会挨拶:西村吉雄(早稲田大学客員教授 FUKUSHIMAプロジェクト編集部会長)

1「メルトダウンを防げなかった本当の理由──福島第一原子力発電所事故の核心」
山口栄一(同志社大学教授FUKUSHIMAプロジェクト委員長)

2「3000 days and 5000 reactors」
David Cope (英国国会・科学部門長・教授 チェルノブイリ原発事故調査英国代表委員)逐次通訳有

3「原発報道は「大本営発表」だったのか」
瀬川至朗(早稲田大学教授)

4「『FUKUSHIMAレポート〜原発事故の本質〜』の概要」
西村吉雄(早稲田大学客員教授 FUKUSHIMAプロジェクト編集部会長)

5「風評被害を考える」
川口盛之助(アーサー・D・リトル・ジャパン アソシエイト・ディレクター FUKUSHIMA プロジェクト委員)

6「原発報道におけるジャーナリストと専門家の役割」
田中幹人(早稲田大学准教授)

7 パネルディスカッション
座長:
仲森智博(日経BPコンサルティング チーフストラテジストFUKUSHIMAプロジェクト委員)

パネリスト:
飯尾俊二(東京工業大学原子炉工学研究所准教授 FUKUSHIMAプロジェクト委員)
河合弘之(弁護士・さくら共同法律事務所パートナー FUKUSHIMAプロジェクト委員)
川口盛之助
田中幹人
西村吉雄
山口栄一
David Cope
瀬川至朗

8 閉会挨拶 瀬川至朗(早稲田大学教授)

開会挨拶:西村吉雄(早稲田大学客員教授 FUKUSHIMAプロジェクト編集部会長)

(このパートのパワーポイント資料はありません。)

   

動画・資料が表示されていない方はFlash Playerをインストールしてください。



1、「メルトダウンを防げなかった本当の理由──福島第一原子力発電所事故の核心」
  山口栄一(同志社大学教授FUKUSHIMAプロジェクト委員長)

パワーポイントはビデオに連動していません。ビデオの進行に合わせて適宜クリックして切り替えてください。

 

動画・資料が表示されない方はFlash Playerをインストールしてください。



2、「3000 days and 5000 reactors」
  David Cope (英国国会・科学部門長・教授 チェルノブイリ原発事故調査英国代表委員)

パワーポイントはビデオに連動していません。ビデオの進行に合わせて適宜クリックして切り替えてください。

 

動画・資料が表示されない方はFlash Playerをインストールしてください。



3、「原発報道は「大本営発表」だったのか」
  瀬川至朗(早稲田大学教授)

パワーポイントはビデオに連動していません。ビデオの進行に合わせて適宜クリックして切り替えてください。

 

動画・資料が表示されない方はFlash Playerをインストールしてください。



4、「『FUKUSHIMAレポート〜原発事故の本質〜』の概要」
  西村吉雄(早稲田大学客員教授 FUKUSHIMAプロジェクト編集部会長)

パワーポイントはビデオに連動していません。ビデオの進行に合わせて適宜クリックして切り替えてください。

 

動画・資料が表示されない方はFlash Playerをインストールしてください。



5、「風評被害を考える」
  川口盛之助(アーサー・D・リトル・ジャパン アソシエイト・ディレクター FUKUSHIMAプロジェクト委員)

パワーポイントはビデオに連動していません。ビデオの進行に合わせて適宜クリックして切り替えてください。

 

動画・資料が表示されない方はFlash Playerをインストールしてください。



6、「原発報道におけるジャーナリストと専門家の役割」
  田中幹人(早稲田大学准教授)

パワーポイントはビデオに連動していません。ビデオの進行に合わせて適宜クリックして切り替えてください。

 

動画・資料が表示されない方はFlash Playerをインストールしてください。