書籍発行予定を11月から12月に変更しました

FUKUSHIMAプロジェクト委員会では、書籍発行予定を11月から12月に変更することを決定いたしましたので、ご報告させていただきます。

理由の一つは、新たな情報、証言などが得られ、その検証に時間を要していることです。議論を重ねていく過程で、当初は想定していなかった項目についても新たに盛り込む必要性が明確になってきた、ということもあります。これらを反映させることで、書籍の内容はさらに充実したものになると考えております。

もう一つは、寄付金の問題です。多くの方の賛同を得て、現段階で200万円弱の資金が確保できました。ただ、調査、検証に要する資料代、交通費などの経費は委員の自費負担とし、調査のためのデータ集計作業などはボランティアの方の協力によって進め、経費削減に努めておりますが、制作作業費、校閲費、印刷製本費、用紙代などを含めた書籍化のために必要な資金にはまだ足りません。現在も寄付金は日々増えている状況ですので、さらに多くの方に私たちの取り組みを知っていただくための取り組みを続け、資金確保を目指したいと思います。

11月の発行をお待ちいただいていた支援者の方々には大変申し訳ないご報告となってしまいました。深くお詫びし、引き続き引き続きご支援を賜りますようお願いいたします。

なお、本プロジェクトによって得られた成果に関しては、順次メディアへの記事寄稿などのかたちで公表していく予定です。公開が決まりましたらホームページ(http://f-pj.org/)にてお知らせいたしますので、こちらにもご注目いただけますようお願いいたします。

FUKUSHIMAプロジェクト委員会
委員長 山口栄一

このウィンドウを閉じる